LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
Ranking
ランキング
本棚
RECENT COMMENTS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
ARCHIVES
PROFILE
Osusume
ランキング
MOBILE
qrcode
OTHERS

Colorful Thoughts

英語圏で暮らす
13歳くんと11歳くんの
本読みで垣間見る素朴な感覚
名作も無名のお気に入りも、和書も洋書も
すでに紹介したものも取り上げてその後を振り返ります
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - | pookmark |
    その後 ~Diary of Whimpy Kids~

    アメリカ小学生男児が日記を書くと、、、という記事でこのDiary of Whimpy Kidsを紹介してから、あっという間に5年が経ちました。一通り読んでしまっていて、最近は二人の趣味なんかも変わって来たし、寄付でもしようと本棚の隅にあった本をまとめていたら、11歳くんが「マッタ」。読み返しています。

     

    ということで我が家に住み続けることになったシリーズ。断捨離の実現からはまた遠のいてしまったけど、月日が経って、違う読み方、感じ方をして何らかの気づきでもあればいいなとゆる〜く考えることにした。

     


     

     

    JUGEMテーマ:洋書多読

     

     

    0
      | なかま | 03:07 | comments(0) | - | pookmark |
      子供向け年鑑
      世界で一番高い高層ビル、飛行機の機体をリサイクルして立てられたホテル、透き通って中が見える魚、最新テクを駆使したエコな家など、スゴイものや話題性のある物たちのハイライト満載。 一昨年のクリスマスに長男に買ってあげた時は、どういうわけか食いつかず、今になって手元において開いては眺めたり、写真を絵に描き写したりしている。(ということで2011年バージョン。)

      他にも、化学記号、惑星のプロフィール、世界の国旗、アメリカ歴代大統領など、学校で習うことを体系的に見られるものや、自分たちの未来の暮らしや社会の構想図など想像力を掻き立てられる記事も。全ページカラー写真&イラストで見ごたえあり。あなどれない、アルマナック!


      0
        | 好奇心 | 19:06 | comments(0) | - | pookmark |
        「さかさことばでうんどうかい」
         「わたしまけましたわ」を上から読んで、下から読んで、おお〜っ、となったらしめたもの。運動会をテーマに、見事にすべてさかさことばでできています。このお話を考えるのも楽しかっただろうなあと想像してしまいます。逆さ言葉になるように合わせているうちに、場面も面白いものになっていったのかもしれない。

         ひらがなを読むことそのものが楽しめて、遊びこころがあるもの − これからますます現地語(英語)に押されていってしまうであろう次男のためにと、この条件で絵本コーナーを物色していたら...これがあったのです! 負担なくモチベーションをあげられる日本語。「こたつたこ」をはじめ素朴な言葉遊びが好きなので、おそらくツボだと思います。今回は、後にあげるサプライズギフトなので、本人の反応は後にレポートする予定!

        JUGEMテーマ:絵本紹介
        0
          | ことば | 16:36 | comments(0) | - | pookmark |
          39 Clues 12冊目!
          全11巻であった39 Cluesシリーズの続きの、第一弾ということで、長男の中では12冊目。現在愛読中。時間はあるときは開いて読んでいます。ヴェスパーズという謎のグループに誘拐された一族を助けることになったダンとエイミー。謎と冒険はまだまだ続く...

          私は残念ながら(他に読みたい本が山積し)追いつかないのですが、前シリーズと同様、次々読みたくなってしまうような面白さらしい。要約してお話を説明するのが上手くなってきたので、伝聞で楽しむことにします。
          0
            | ミステリー | 12:21 | comments(0) | - | pookmark |
            ”もう一度つなげる” 「ルリユールおじさん」
             大好きな木のことを何でも教えてくれる一冊の古い本。大事なその本を直してほしくて、ソフィはパリの街を歩きまわり、製本職人の「ルリユール」おじさんのところにたどり着く。直してもらっている最中、しきりに自分の知っているアカシアのことを話すソフィと、淡々と工程を説明するおじさん。一見食い違っているようで、心が通っているやりとり。シンプルに暮らすというのは、捨てるのではなくて、あるものを生かすこと。作業の風景やおじさんの回想とともに、「いい手を持つ」ことや「つなげる」ことの大切さが暗示的に伝わってきます。

             この本はある展示会場で購入したもので、まだ子供たちには読ませてあげていないのですが、目の保養になるような素敵な絵を堪能しつつも、本当はこんな物との向き合い方を目指しているのになあ、とちょっとうらやましい気持ちで読んでいました。言葉なしでパリの街角風景だけのページも時々入っていて、読み手に落ち着きと感じるための間のようなものを与えてくれます。
            0
              | 愛着 | 15:45 | comments(0) | - | pookmark |
              「いばらひめ」
               実はお話としては一緒に読んでいなく、我が家ではとりあえず違う楽しみ方を。この本、ページのデザイン、特にふちに施された模様が素敵です。つたやお花が張り巡らせてあり、その中に顔や動物(カニ、大きいお花、人など)のモチーフがあしらわれています。そんなデザインを模写したり、パーツを自分の好きな絵に入れ替えたりしてお絵かきしていました。(私がお姫様の顔の部分が怖いからと言って、かわいい顔に変えて描いていたら、拍子抜けして大うけしたりと意外な笑いのツボを発見。)オリジナルカードなんか書くときにこんな絵でササッとデコレーションできたらいいなあ。

               次男はまだ大きいお話のまとまりを考えるよりも、記号や紙面のレイアウトなんかに目が行くようで(仕掛け絵本や迷路が好きなのも関係あるかも)、昨日は喜んで音読を始めたけど、一ページで精いっぱい。長男はとにかく絵を描くことが好きなので、絵として楽しむ本も多い。最近女の子っぽいものを意識的に毛嫌いする年頃になってきて、タイトルに「ひめ」とつくだけで引いちゃうのですが、お花などを描くのは別らしい。アーチストのプライドか!?

              JUGEMテーマ:絵本紹介
              0
                | デザイン | 08:38 | comments(0) | - | pookmark |
                邪魔しないで(*'へ'*)
                 パパにベッドタイムの本を読んでもらうけど、すぐ話を邪魔してしまうチキンちゃん。読んでいるパパが疲れてきちゃうほどです。次男があるイベント会場のブックコーナーでたまたま手に取りはまってしまった一冊。みんなと遊ぶはずのイベントだったのですが、この本が気になりなかなか手放せませんでした。

                 ダイアログとで繰り返し起こることが単純に面白いようで、丁寧に一文一文音読し、また邪魔したっ、とクスクス笑いながら最後まで読んでしまいました。一方、(英語圏の)親や先生たちには、面白いのはもちろん、子供に会話や授業中のマナーを教えるために最高の本だ、と大好評のようです。(暗示的に教えるのによいかもしれません。)オチも可愛いストーリー!
                JUGEMテーマ:洋書多読
                0
                  | 遊び心 | 19:17 | comments(0) | - | pookmark |
                  SPONSORED LINKS